IVY’s People

photo

03
People

自分がされたら嬉しいな、を
今、自分ができることで。

パティスリー キハチ  アトレ吉祥寺 
社員 磯角愛子(イソカドチカコ)2015年入社

photo

新店舗立ち上げという大仕事に、入社1年目から、挑んでいます。

就職活動中、この先何年もお勤めする会社をたった数回の面談で選んで良いのだろうかと考え、まずはアルバイトとして、1年間働くことを選びました。慎重に考えた結果なのですが、今では1年が経たないうちに正社員として働いています。一緒に働く社員もアルバイトも、話しやすく丁寧に教えてくれる良い人ばかり。ここで自分が正社員になったらすごく楽しい職場になると思いました。
これまでアルバイトとして在籍していた店舗の伊勢丹新宿店は、スタッフ数も15名と大所帯でした。正社員としての配属先は、オープンしたばかりのアトレ吉祥寺店で、開店の立ち上げメンバーの一員としてスタートしました。新しい店長、メンバーと一緒に、今度は私が社員としてお店を盛り上げて、しっかり売上を立てていかなくてはいけません。

photo

6箱の大荷物を抱えて歩きました。お客様と一緒に。

伊勢丹新宿店勤務の頃、接客という仕事がもっと好きになった思い出深いことがあります。女性のお客様がひとりで来店され、大箱の焼き菓子のセットを6箱も購入していただきました。一番大きな手提げ袋でお渡ししても、3袋の大荷物になってしまいます。電車でお越しの方とわかったので、せめて私ができることをと考え、店舗から地下鉄の入り口まで、お荷物を一緒にお持ちしました。そのときお客様からいただいた「ありがとう」の言葉が忘れられません。
接客マニュアルも大事ですが、自分が今してもらったら嬉しいなと思うことを勇気を出してやってみることが大切だと思います。自分が洋服を購入するとき、店員さんに話しかけられたくないときもありますが、一緒に選んでほしいときもありますよね。お店全体を見渡して、困っているお客様がいないかを常に意識しています。

photo

次は、わたしが頼られる存在に。

学ばなければいけないことは、山ほどあります。ケーキのこと、店舗がある商業施設のこと、同じブランドであるキハチのレストランについても、まだまだ勉強が足りません。いずれはアルバイトの皆さんの教育も私がしていくことを考えると、もっとしっかりしなくてはと思います。先輩たちが私にしてくれたように、メンバーをリードできる存在になりたい。そのためにも、まずは正しい知識を得て、基本を徹底することを大切にしたいと思います。
10年後の私は何をしているでしょうか。やっぱり、接客という仕事で、目の前のお客様に喜んでいただけたらいいなと思います。今よりももっと、お客様に信頼されるスタッフになれるように、お客様と向き合い、ありがとうの言葉を積み重ねていけるように、自分自身をもっと成長させていきたいと思っています。

ページトップへ