IVY’s People

photo

06
People

お客様にも社員にも、
笑顔になってほしいから。

サポートオフィス 人事部 採用教育
関口理恵(セキグチリエ)2005年入社

photo

レストラン店舗からサポートオフィスへ。

サポートオフィスに来る前は、当時銀座にあったキハチレストランの店舗でホールの仕事をしていました。入社したばかりの頃は失敗をたくさんしましたが、働く仲間が助けてくれたり、時には厳しく叱ってくれたりしたことで、多くのことに気づかされ、学ぶことができました。自分の成長を感じることができた日々でしたね。
店舗での経験を経て、人材開発の仕事に携わるようになりました。
店舗にいたときからサポートオフィスの仕事に興味がありました。配属になって不安はありましたが、それよりも新しいことにチャレンジできる喜びとワクワク感が勝っていました。当時は、ひたすら研修や育成、ビジネスマナーに関する本を読み、様々な情報を修得するたびに、人材育成の役割の難しさを感じていたのを覚えています。

photo

人材開発という仕事

人材開発の仕事内容は幅広く、人の成長に関わることすべてと言えます。その中でも、今は研修の企画立案、運営といった仕事に携わっています。『研修』には様々なスタイルがありますが、私たちはできる限り「考える」ということを多く取り入れたプログラムにしています。というのも、アイビーが大切にしたいことの中に「自律する」という言葉があるからです。自律した人になるためには、考えて行動していくことが大切です。ただ答えを与えるような研修ではなく、自分で考え、体感できるような研修を目指しています。
人事部としてできること、やりたいことはたくさんあります。それを実現させるためにまずは自分自身が勉強をし続けて、スキルや知識を習得していかなければいけません。難しいことや大変なこともありますが、自分次第で成長できる環境であることは間違いありません。何よりスタッフの方々の成長に関われることに喜びを感じています。

photo

店舗、サポートオフィスでも変わらぬ思い

「人に笑顔になってもらいたい、喜んでもらいたい」という思いで仕事をしています。
人に興味関心があるということが、この仕事に楽しさを感じている理由だと思います。多くの方と交流を持てば持つほど、刺激を受けたり知識を得られたり、自分では想像もつかないような視点を発見できるんです。だから私は、ますます人への興味がわいてきます。
改めて考えてみますと、レストランで働いていたときの「お客様に喜んでもらいたい」という気持ちと、今の思いは変わっていません。だからこそ現場に立っていたあの頃も、サポートオフィスにいる今でも、変わらずやりがいを感じて取り組めているのだと思います。自分の気づきや行動によって相手が幸せを感じてもらえるように、私はこれからも仕事をしていきたいです。

ページトップへ