photo00

Career

「人が育つから、
ビジネスも育つ。」

長く安心して働ける場所への第一歩は、長期的に成長していける環境とキャリアの選択肢を整えること。一人ひとりが自律し、社内だけではなく“社会で”生きる力を身につけられる仕組みづくりを進めています。高いスキルを経て、転職する方も出てくるかもしれません。でも、それでいいと思うのです。そういう方にも働きつづけたいと思われる存在になるべく、私たち自身も成長していかなくてはいけない。「人」と「組織」、お互いが切磋琢磨していくことで、ビジネスも成長していくのだと思います。

01.店舗で働く

photo01

[ 時間帯責任者 ]

正社員、アルバイトともに最初は、ほぼ100%の方が店舗への配属となります。はじめに目標としてほしいのは「時間帯責任者」というポジション。店長や社員がいないときにも、自分が責任者としてお店を運営できるだけのスキルを身につけるための研修プログラムを用意しました。時間帯責任者になると、正社員の方には店長への道が、アルバイトの方には正社員となる道が拓かれます。

[ 店長 ]

店長にいちばん求められるのは、「人材育成スキル」。人を育てる力を習得できるよう、様々な研修を用意しています。マネジメントの基礎から実践、さらにはマーケティングやコーチング、コミュニケーション研修まで。日々店舗で働くだけでは得られない力を身に付けていただきたいと考えています。そうして成長した店長には、SV、課長といった管理職へのキャリアが拓けていきます。

02.自分らしく働く

photo02

[ 社内公募制度 ]

多様な働き方ができる組織でありたい。そんな思いから「社内公募制度」が用意されています。この制度を利用すれば、店舗から、商品企画や人事といった本部(サポートオフィス※)にキャリアチェンジすることも可能です。実際、サポートオフィスで働く社員のうち80%以上が店舗出身者。社員、アルバイト関係なく誰でも自由にチャレンジできます。
※アイビーでは、本部機能を集約した場所をサポートオフィスと呼んでいます。

[ FA(フリーエージェント)制度 ]

ジョブチェンジの機会は、他にもあります。公募がなくても、自ら手をあげて新しいキャリアにチャレンジすることができる「FA制度」。キハチからティールーム、ティールームからサポートオフィスなど、自分の意志で自分らしいキャリアを切り拓いていくことができます。

03.安心して働く

photo03

[ フレックスタイム制度 ]

サポートオフィスは、フレックス制。コアタイムである11時から16時以外の時間帯に関しては、自由な働き方が可能です。業務のバランスを取りながら自分のペースで働くことができるため、サポートオフィスには仕事と家庭を両立し、結婚、出産を経ても第一線で働きつづけている方がたくさんいます。

[ 産休・育休 ]

店舗で働く方もサポートオフィスの方も、産休・育休を子どもが1歳になるまで産後1年間取得することが可能です。また、育児休暇を終えて復帰する際は小学3年生の終期までは勤務時間を短縮して働くことができます。アイビーのスタッフは4分の3が女性。女性が働きやすい環境整備に全力を上げて取り組んでいます。

ページトップへ