現在のキハチの原点となるレストラン キハチは、1987年にオープン。パリで研鑽を積んだ熊谷喜八による、フランス料理をベースにしたジャンルにとらわれない日本発の洋食は、「キハチ流無国籍料理」として多くの方々に愛されました。また、有機野菜という言葉が定着していなかった当時から、熊谷は「身体に安全でおいしい料理」を担う日本全国の生産者を支援する取り組みにも参加。産直食材のマーケットをレストラン地階につくり、販売をおこなうなどしていました。
やがてキハチは「納得のいくものを求めて産地に赴き、選び抜いた素材を自由な発想とアイディアで最高のひと皿に仕上げる」というこだわりをそのまま、多彩な業態を展開。今日も日本中で、お客様に感動と喜びをお届けしています。

「身体に安全で
おいしい料理」への想い

キハチでは、料理人自らが産地に赴いて生産者と直接会い、最も良い状態にある旬の食材を選びます。そして、どうしたらその食材を一番おいしくすることができるのかを考えます。手を加えすぎることなく、旬の食材そのもののおいしさを引き出すそのメニューは、熊谷が志した「身体に安全でおいしい料理」をいまに受け継ぐもの。どれも素材を知り尽くした料理人にしかできない逸品です。

人を育てる、
土壌を育てる

人の手が加わりしっかりと栄養を含んだ良い土壌では、おいしい食材が育つ。私たちは、人の教育もこれと同じだと考えています。例えば、「成長を実感できる仕組みの構築」もその一つ。キッチン講習会やサービス研修といった教育から、各種コンテストといったスキルを高めあう舞台まで、様々な取り組みをおこなっています。また、そうした技術取得にじっくりと時間を費やすこともキハチの特徴。一・二年目は基礎を身に付けていただき、少しずつ仕事をお任せします。そのため、「三年目にしてやっと一人前のウェイターとして認められた」「七年目でついに店長職を任された」という方も。長い時間の中で、確かな技術と考え方を教えています。
キハチが志す「食を通じた半歩先のライフスタイル提案」は、安心・安全な食の実現としてかたちになっています。例えば、兵庫県豊岡市で自治体と取り組んでいるコウノトリの野生復帰プロジェクトもその一つ。キハチでは、この活動を通じて育った「コウノトリ育むお米」を主役にした米料理を考案。様々なイベントを通じてその味と安全性を広めています。