IVY’s People

photo

12
People

挑戦をサポートする
オフィスであり続けたい。

サポートオフィス 人事部 部長
上本淳一 (ウエモトジュンイチ) 2008年入社

photo

どこまでも、お店に近い存在でい続けるために。

いわゆる本部機能を、アイビーではサポートオフィスと呼んでいます。お客様にいちばん近い立場のお店のスタッフ。その人たちが、いかにお客様に対していい商品・サービスを提供しやすい環境をつくるか。人が成長していける環境をつくれるか。それが、私たちサポートオフィスのミッション。そのためには、どこまでも店舗に近い存在でなければいけません。お客様に喜んでもらいたい想いは店舗も私たちも同じ。けれど、サポートオフィスのスタッフは現場を離れて時間が長くなると、ついつい自分の理想を追いかけてしまうことがあるんです。たとえば、新メニューひとつとっても、店舗でのオペレーションを考慮したものでなければ、お客様に満足していただける商品には絶対にならない。現場の声に常に耳を傾けつづけられるように、社長をはじめサポートオフィスの人間はしょっちゅう店舗に足を運ぶようにしています。

photo

アイビーを、ひとつに。

アイビーには、複数のブランドがあります。そして、それぞれのブランドで働く人間が、それぞれに強いこだわりを持っています。もちろん、いろんな個性があっていい。けれど、根っこには同じ想いを持ち、お互いを認め合い、高め合える会社にしていきたい。そんな想いから、様々なプロジェクトが次々に立ち上がっています。経営理念のリニューアルプロジェクトでは、ブランドを超えた多くの社員の生の声を集め、長い議論を重ね、社員全員の道標となる意思を新たな理念として示しました。また、今後はブランドの枠を超えた人材交流も今以上に盛んにしていきたい。人が融合するからこそ、文化が融合する。相乗効果が生まれてくるはず。異なるブランドでも、マネジメント層には共通で持っていてほしいスキルがあります。それを身に付けるための教育体系を少しずつ整備しているところです。

photo

嬉しいですね。大仕事がまだまだ残っている。

第二の創業とも言える再スタートを切るにあたって、いちばん大切なのはやはり人。成長のエンジンとなれる人材がたくさん集まれば、アイビーとはもっと大きく飛躍することができる。そのためには、採用、教育、評価など、あらゆる仕組みを今まで以上に大きく進化させていかなくてはいけない。新しい多様な働き方が生まれてくる環境にしていきたいと思っています。そういう意味では、アイビーはまだ完成していない組織体。業態ごとの細かな育成プログラムも現在構築中ですし、ジョブローテーションを活性化する制度も詳細を詰めているところ。やるべきことは山ほどある。難しい大仕事がまだまだ残っている。こんな嬉しいことはないですよ。なぜって、見たことがない可能性に満ち溢れているということですから。

ページトップへ